others

#日本語教師ゆるゆるパドック 参加レポ

みなさん、ご無沙汰しております。
やさしい日本語アドバイザー/フリーランス日本語教師のTomokoです。

#日本語教師ゆるゆるパドック参加レポート

2月28日にチェーンナーさん(@chainnerwithJP)主催の#日本語教師ゆるゆるパドックに参加してまいりました。

株式会社ASIA Link様のお話を聞きました

保育園のお迎えの都合もあり17時から18時までの参加で1社のみお話を伺うことができました。その会社は、株式会社ASIALink様です。

株式会社ASIA Link様ホームページ

ASIA Link代表取締役である小野朋江さんは、私たちと同じ日本語教師のご経験をお持ちです。

ASIA Link様は外国人留学生の就職支援を行なっている会社です。
人材派遣業ではなく、職業紹介業をされています。

今回ご提案くださったのは、3つのお仕事です。

日本語教師だからこそお願いしたいお仕事
  1. 登録留学生の初回面談担当

    希望業界や希望職種など就職先に関する初回面談(ヒアリングする項目は決まっている)
    (面談30分/書類記入10分 計45分程度のお仕事)
    報酬:面談1人につき1500円(トライアル期間は1200円)

    Tomokoメモ

    小野様からは、日本語教師だからこそできるアドバイス(例えば、日本語能力のこの部分を伸ばすとよりビジネスで通用する日本語になるよというような)をしていただけるととてもありがたいというお話も伺いました。

  2. 登録留学生向けのメルマガ記事作成

    留学生向けの「ビジネス日本語に関する知識(ワンポイントアドバイス)」をメルマガで配信したい。

    Tomokoメモ

    週1回、水曜日など曜日を決めて配信したいと考えられているとのこと。
    メルマガのコンテンツとしての長さは長くなくて良いようです。
    メルマガの記事1本あたりいくらが妥当かなどまだ決められていない部分もあるとのことで、希望者と相談したいとお話されていました。
    ライターは子育てしながらでもできるお仕事の1つです。気になる方も多いのではないでしょうか。

  3. 就職関連イベントの運営スタッフ

    全部で3種類のイベント運営スタッフを募集されています

    A:毎月行なっている就活ゼミのアシスタント就活ゼミというのは毎月第3土曜日に行なっている留学生のための就職勉強会です。
    サポートに入っていただける方を募集されています。
    募集人数:1人 業務時間は9時〜14時。報酬:交通費込 8000円

    B:内定者研修会のアシスタント
    毎年3月にASIA Linkの紹介で内定が決まった留学生をオフィスに集めて研修会を
    行なっています。

    今年は3月30日(土曜日)15時スタート(18時〜20時は夕食交流会)
    募集人数:1人
    業務時間は14時〜18時。報酬:交通費込 7000円(夕食交流会は参加自由で無料)

    C:合同企業面談会「社長LIVE」の当日運営スタッフ
    毎年3月に留学生と企業経営者の合同企業面談会「社長LIVE」を開催しています。
    当日の運営スタッフを募集しています。

    仕事内容:会場設営・受付・誘導・写真撮影・タイムキーパー・撤収作業など

    今年は3月20日(水曜日) 両国駅の近くの会場で行います
    募集人数は1〜2人 業務時間は9時30分〜19時。
    報酬:交通費込 12000円(お昼のお弁当付き)

日本語教師×◯◯に気づく大切さ

日本語を学ぶ外国人との接点は、日本語学校だけではないのだと改めて感じることができる時間でした。

小野さんはまさに日本語学校という世界を飛び出したお一人です。

日本語教師としてのご経験や情熱を「外国人留学生と企業とのマッチング」に注ぐという形で生かしていらっしゃいますよね!

日本語教師として働いた時間があり、
就職したいと話す留学生がうまく就職できない現実を目の当たりにし、
能力ある子が企業に就職できなかった悔しさがあるから、
小野さんはASIA Linkという会社を立ち上げられたんです。

私たち日本語教師が日本語教師として働く時間の中に、
もどかしさや変えたい何かがあるのだとしたら、
それは、「日本語教師×◯◯」の掛け算のヒントなのかもしれません。

この記事を読んでくださっている日本語教師の皆さん、
もしASIA Link様のお仕事にご興味がありましたら、
ぜひ一度お問い合わせされてみてください。

チェーンナーさん、素敵な出会いをありがとうございました!

 

\ASIA Link様へのお問い合わせはこちら/

株式会社ASIA Link様ホームページ

RELATED POST